インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーリー

パールヴァーティーの化身です。仏教では大黒天女っすね。コルカタで広く信仰されています。

パールヴァーティー(ドゥルガーの説も)の怒りによってうまれた、めっちゃ恐ろしい女神で、肌が黒く、首には魔神の生首や頭蓋骨、4本の腕には、剣や縄、槍、生首などをもっています。

ドゥルガーがアスラの軍と戦ったとき、怒りによってその額から出現し、アスラを殺したとされます。アスラ、ラクタヴィージャとの戦いでは、自分の血から分身を作り、血液すべてを吸い尽くして殺したとされています。

勝利したカーリーが踊り始めると、そのあまりの激しさに大地が砕けそうだったので、シヴァ神がその足元に横たわり、その衝撃を弱めていました。夫シヴァ神の腹の上で踊る姿で描かれるのはこれが理由です。

カーリー

インド神話一覧に戻る。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。