インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥルガー

パールヴァーティーの化身です。仏教では毘羯羅っすね。

アスラ(魔族)の王マヒシャが天界を攻め、神々を追放します。天界の神であるインドラは困って、シヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマーに助けを求め、それに応じた神々とインドラが口から光を放ち、一点に集中させ、その光の中からドゥルガーは生まれました。

ドゥルガーは魔神討伐のため神々から武器を授かり、ヒマラヤの神ヒマヴァットからはトラを乗り物として授かります。ドゥルガーは次々とアスラの軍勢を滅ぼし、最後に世界を覆うような光を放ち、マヒシャを殺します。

ちなみに怒りによって黒くなったドゥルガーの額から女神カーリーが生まれたとされています。

ドゥルガー

インド神話一覧に戻る。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。