インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーマ

ヴィシュヌの化身でラーマーヤナの主人公です。ラーマーヤナは詩人バールミキによって語られた物語です。

インドラを初めとする魔王ラーヴァーナに苦しめられており、ヴィシュヌに助けを求めます。理由は忘れたけど、ラーヴァーナは人間しか倒すことができず、ヴィシュヌは人間に生まれ変わることを決意し、コーサラ国アヨーディヤーのダシャラタ王の子、ラーマとして生まれてきます。

ラーマは成長し、シータという娘と結婚しますが、王位継承問題でカンケイー妃にはめられ、白を出て森で暮らすことになります。森で暮らしていると偶然、ラーヴァーナの妹がラーマをみて一目ぼれし、言い寄ってきますが、当然ラーマにはシータがいますので、拒否すると逆ギレ、ラーヴァーナに言いつけます。

ラーヴァーナは怒ってシータを誘拐し、本拠地のランカ島(今のスリランカ)に戻ります。誘拐されたシータを探すためにラーマは旅に出て、そこでサルの王スグリーパと知り合い、ハヌマーンというサルを見方につけます。

ハヌマーンの活躍でシータの居場所を突き止めたラーマはインド亜大陸の南(名前忘れたけど、今のタミルナドゥー州ラーメーシュワラム)に橋をかけ、ラーヴァーナと息子のインドラジットを倒し、本国へ戻り、王様となります。

ラーマーヤナはインドで超有名な昔話で東南アジアでも普及して、日本では桃太郎のモデルになったといわれています。
ネパールのジャナクプルという街はこの物語の舞台となっている場所で、ラーマのシータの像が飾られています。

インド神話一覧に戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。