インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリシュナ

ヴィシュヌの化身で、インドでは本体ヴィシュヌを超えるくらい、信仰されています。当然ですがクリシュナも色々と伝説があります。

左がクリシュナ
クリシュナ

生まれる


マトゥラーのカンサ王はデーヴァキーの産む8番目の子供に殺されるだろうという天の声を聞きます。それを恐れてデヴァーキーの子供を次々と殺していきますが、その8番目の子供がクリシュナです。彼の両親は牛飼いのナンダの子供と取替え、殺されずにすみます。

怪力


クリシュナは幼い頃から怪力の持ち主でした。ヤムナー川で多くの生き物に害を与えていた毒龍カーはクリシュナがヤムナー川に入ると怒りクリシュナを攻撃しますが、返り討ちにあり、殺されてしまいます。

モテまくる


クリシュナの青年期はモテまくります。彼は牛飼い女たちの憧れの的で、彼が笛を吹くと、その音色に誘われて、女たちがどんどんと集まり、戯れて一緒に遊んだとされています。(戯れるってなんだ?)

ついにカンサ王撃破


カンサ王はクリシュナの武勇伝を聞き、怖くなります。そこでクリシュナを闘技場へ呼び、力士と戦わせて殺そうとしますが、クリシュナは即力士を殺し、さらに次々に呼ばれてくる悪魔を倒し、最終的にカンサ王を殺して世界に平和が訪れます。

めでたしめでたし

インド神話一覧に戻る。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。