インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バングラデシュって国はよー

そんなすごい温かい気持ちになった帰りの出来事

バスに乗って帰った。普通に行けば、30分で着く。後はご飯食べて寝るだけだ。
あぁー今日は一日楽しかったー

って思っていた矢先、バスが途中でストップ、、嫌な予感・・・
周りに聞くとどうやらタイヤがパンクしたらしい・・・

前回は雨のためストップ、今回はタイヤのパンク、、、、毎回毎回何かしら起しやがって、、、本当この国すべてちゃんとしてねーな(怒)次はなんだ!ガス 爆発か!?バスガス爆発って早口言葉じゃねーんだぞあほ!!!!!(自暴自棄のため意味不明)

当然途中で降ろされる。しかも料金が半額しかもどってこない。「半分の距離は走っただろ」的な逆ギレ。。。
もし日本で道端でバスがパンクしたら(それもありえないけど万が一あるかもしれない)おそらく、料金は全額戻ってきて代替輸送手段を用意するかすぐに代わりのバスが到着するだろう。最悪、すみませんの一言は絶対にあるだろう。

そしてしょうがないからベビータクシーなり、あらたなバスなりを見つける。しかしどのバスもこんなである。
Picture 013
乗れる余地などない。。。というか、定員という概念はねーのかおまえら!!!!!


このとき20人くらいのバングラ人に見守られる。あーもうこんな大変なときになんでバングラ人は俺をじろじろと見つめてくるんだよ!!!わかる!その純粋さはわかる!!でも今は今だけは見ないでくれ!!!俺、てんぱってるんだよ!!

「ヘイ!どこの国から来たんだい!」

この期に及んでまだその質問するか・・・(怒)今日だけで100回くらいされてんだよ!!!

でも俺が困ってるのがわかると20人みんなでバスを止める。このときの一体感はすごい、ありがとうバングラデシュ人!!!

そして1時間くらいたって、家の近くのバススタンドへいく乗り合いタクシーが見つかり、乗るが明らかに定員オーバー、暑いし、苦しいから!!!そして道が悪い上にスピードだすから怖い、俺ジェットコースターに乗りたくてバングラデシュ来てるわけじゃないから!!!!それだったら富士急ハイランドいくから!!!!

そんなこんなで途中で降ろされる。。。。。。そして同じようにベビータクシーを捕まえる。行くって言ったじゃん!!!(泣)

それを2回繰り返し、サイクルリクシャーに乗る。が!!!!このリクシャー自分から乗れって行っといてちょっといったら道がわからなくなって困ってる。
リクシャーというのは他の国だとタクシーにあたる。どこの世界に自分の管轄の街の住所を知らず、なおかつそれでもオーケーオーケ行って道端の人に道を聞くタクシードライバーがいるだろうか?

普通に行ったら10分くらいのところ1時間以上かかって何とか到着。。。。 
普通に帰れば30分で到着するところ脅威の4時間後の到着に疲れ果てて寝た。

ちょっと思った

インドのいい所
「刺激的」「面白い」
インドの悪い所
「人が悪い」

バングラデシュのいい所
「人が純粋でものすごいいい」
バングラデシュの悪い所
「すべてにおいてだめ」

中学生のころ「しかし」の用法について習ったがこれを当てはめると

「インドは人が悪い。しかし、刺激的で面白い」となるが、バングラデシュは「人が純粋でものすごくいい。しかし、(他の)すべてにおいてだめ」

となる。

そのくらいバングラデシュの「すべてにおいてだめ」は強烈。

※バングラデシュのこと悪く言ってますがあくまで愛のあるツッコミです、、、不快になった人ごめんなさい。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。