インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに電気自体が止まった。

夜になり、ついに電気自体が止まった。

今まで、停電してもバックアップシステムによって、ネットはつながらなくても電気(ライト)は一部の部屋で使えたが、今日は完全に電気自体が止まり、すべての文明の利器は止まっているので、正真正銘何も出来ない。っていうかそれ以前に夜は何も見えない。ろうそくで会議してるし。

日本も自分の親の世代はこうだったんだよなー。って本当にこんなだったのか?

バングラデシュはボランティア活動がさかん。人々が最低限度の生活を営めていない。
まして人々をサポートする側のNGOがこんな状態である。

そして電気が復活し、会議に呼ばれ、「日本に帰った後、職員として、半年か1年以上働かないか?給料も払うから」と誘われた。日本企業や、日本の団体との連絡をスムーズにするため、日本語と英語が使えて日本人とコンタクトが取れてなおかつPCスキルがある人間を必要としているらしい。

なんで、こんなふらっとやってきた旅人でなおかつ別になんも出来てない、停電と蚊にテンパってるだけの人間を職員にしたがるんだろうってはじめ分からなかったけどじっくり聞いていくとそういうことらしい。

「まぁ、日本に帰ったら返事するよ」と返した。

素直にうれしい。
でも未来のことは分からないけど今現在、1年働くことは考えていない。面白そうではあるけど。

会議の様子
会議の様子

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。