インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIVのフィールドワーク

HIVのフィールドワークに行った。

NOWZUWANは毎月5回くらい縫製工場に行き、ここで働いている人(女性)にHIVの教育をしているらしい。

色々と一緒に行ったNOWZUWANメンバーに聞くと
この縫製工場で働いている女性は、家族を養っていかなければならず、かなりの長時間、低賃金で働いている。ただ、それだけでは家族を養っていけず、お金をもらって性行為をする日本で言うと援助交際みたいな行為に走らざるを得ないらしい。

イスラムでは婚前交渉は禁止されていて、それ自体が倫理的に問題だが、それによるHIVもバングラデシュでは社会問題になっている。

どうだ?って聞かれて言葉に困ったけど、日本でも戦前こういうことが普通に行われていた、70年以上前の日本みたいに感じたと答えた。

女工哀史を思わせる。歴史でならった日本の悲惨な一面が違う国でリアルに目の前に現れている。ボランティアってなんか時々悲しい現実を受け入れなければいけない瞬間が来る気がする。それ以前にアジアのほかの国へ行くと道端でも悲惨な人々をよく見る。長く日本以外のアジアの国にいるとその感覚が麻痺してくる気がする。

でも、実際工場を見てみると、結構明るい雰囲気だった。みんなでHIVの危険さに関するビデオを見て楽しそうにしてた。
工場

表面的には見えない、影の部分があるんだなって思った。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。