インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識が朦朧としながら考えたこと

風邪引いた。おそらく熱がある。口内炎も酷い。

意識が朦朧としながら考えた。

「お前何か勘違いしてないか?お前のためにチームがあるんじゃない。チームのためにお前がいるんだ。」

スラムダンクの安西先生の言葉だが、最近この言葉が頭をよぎる。
最近、ものごすごいわがままで自分のことしか考えられない人間なんだと自分の情けなく思う

ロシアのことわざに
「全世界を愛することは簡単だが、隣人を愛することは難しい」
とあるが本当にそのとおり、

人を愛する、世界平和、人のために生きる、夢、希望、国際貢献、、、、、、、

美辞麗句を並べることは簡単だが、実際にその言葉を具現化し、実行していくことの難しさ、誰しも一度は経験があるかもしれない。

でも、そこに近づこうとする努力をしていきたい。それが自分の道であり、後戻りできない、いや、後戻りする気もない、業なのである。

ただ、インドに来て感じることだけど、弱い自分に負けない、弱い自分と戦うという言葉がよくあるけど、俺にはそれはできない。なぜならば弱い自分も自分自身だからである。その弱い自分を認めるところからはじめなければならない。そしてその弱い自分と対話し、結論をだしながら、前に進んでいく。その方がストレスもたまらないし、納得しながら人生を歩める。

っていうかいいや。小難しい話は。。。。いいから自分がやるべきこと、やりたいことを一歩一歩進めていけ。

風邪引いてる時は頭がいい感じに飛んでしまうので文章が変になってしまいます。ご了承ください。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。