インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

面白い人(女)と観光する

男を捜しに言った。がだんだんとただの観光になっていった。
基本的に3人とも適当である。その適当さは普通の日本人の適当さを10だとするならば2000くらいの適当さである。

マニカルニカーガートへ行った。
有名な公開死体火葬場である。インド人はここで火葬され、その灰をガンガーに流されることで解脱できると信じている。インド人の死生観が一番よく見られる場所である。写真撮影は禁止(っていうか倫理的にしたらだめだろ)なので写真はないが、実際に死体を見たのは他人では初めてである。布に包まれて、死体は次から次へと運ばれてくる。そして焼かれていく。リアルに頭や足が燃えているのを見ると、自分の死を考える。でもそれは当然のことだってインドは気付かせてくれた気がする。

ここでまた女と結構真面目なことを話し、そして街へでた。女はパンジャービドレスを買いテンションが上がっていて見てて面白かった。っつーか普通に会話が楽しかった。

帰ってきたら男はただ酒を買いに行っただけだった。やっぱり期待を裏切らないロックっぷりである。
こんなに心配したにも関わらず(したのか?)「え?何?」って無表情で行っているのをみてまた安心し、ウイスキーを飲み、寝た。

面白い人(女)が買ったパンジャービドレス
パンジャービ
たそがれている面白い人(男)、本人はただ、ぼーっとしてるだけだと思われる
たそがれる人

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック