インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

韓国人との合コン・・か?

夕方、宿でまったりしてたらいきなり韓国人の女の人に話しかけられた。

1瞬逆ナンかと思って喜んだけどただ、皆で食事するからっていうのに誘われただけだった。
わかってるよ、俺はそんなモテねーよ。っていうかモテてたら一人でインドなんかこねーんだよ。

で、同じ宿のとしくんを誘い、しんごくんも合流して、しゃん亭で御飯を食べた。
この旅が終わった後に韓国にトランジットするのでソウルに寄るという話をしたら、韓国人の女の人がソウルで家に泊めてくれることになった。関空着なので大阪にも滞在するがそのときも面白い人(男)の家に泊めてもらえそうだし、最近自分が他人の優しさと思いやりだけで生かされている気がする。ボランティアで他人を支えようとしているはずなのに他人に支えてもらってばかりいる(笑)まぁ、みなさんありがとう。すこしは人を支えるほうにまわるよう、努力します(笑)

その後に宿の屋上へ行き、人数が増えて、ウイスキーを7、8人で飲んだ。いつのまにやら別のお酒も周って来て、めちゃめちゃ楽しかった。

オアシスやビートルズ、ブルーハーツをみんなで聴いた。このたびを続けている中で、今までものすごいせまーい音楽の範囲しかなかった気がした。日本帰ったら絶対にもっと広いロックを聴く。もう食わず嫌いは終わった。そして広い音楽の世界をちょっとみれる気がした。
後、全然関係ないけどインドの音楽はロック調にアレンジしたら絶対にかっこいいとおもう。

面白い人(男)がめちゃめちゃ面白くてなんか意味わかんないけどすごいオーラを感じる。酔ってて頭がぶっとんでたからかもしれないけどなんかこの人と話せてマジでよかったって思った。

旅人は空気を読まない人が多いから好きだ。そもそも空気なんか読まなくていい気がしてきた。っていうかどうでもいい気がしてきた。
日本では空気を読むという言葉がある、空気が読めない人はKYと呼ばれる。インド人は人口の98%がKYであるので自然に空気読む必要性を失う。本当にやばいことじゃなければでも誰もが誰が何しても気にしない。それがすき、自分もわけわかんないけど人もわけわかんないからいいやみたいな。。。。(これを見た旅人の方すみません)

かなり思考が飛んでいる、でも頭はなぜかものすごい冷静だった。そして気持ち良いまま寝た。

この旅人達の談笑をシヴァ神がガンガーの方から微笑んで見ていた気がした。
嘘です、誰も見てなかったです

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック