インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サダナフォレストの運営

アビラムからサダナフォレストの運営について聞いた。

基本的にここはすべてドネーション(寄付)で運営されている。現状財政面で厳しい状況だという話だった。組織としては民間企業と同じ部分もあるが民間企業と違って製品を開発して営業をかけて売ればその組織が発展していくわけではなく、本当に人の心に訴えかけ、少しずつ進んでいくということが重要なのだと思う。また、そのためには民間企業以上にこういう組織は正しいことをして、地元を巻き込み多くの人を幸せにする組織を作っていかなければならないのだと感じる。
それでもここまでやってきたのはオーロヴィルの力もあるが何よりもアビラムの人をひきつける力と精神性の高さなのだと思う。5年でここまできたのは本当に奇跡なのかと思わせるほど組織と植林の成果があがっている。

こういう話は日本のNGOにも通じると思う。もっとNGOとか、非営利組織と営利組織について勉強していければいいなって思う。

サダナの説明をするアビラム
DSCN0044.jpg

アビラムと娘オーシャ
DSCN0046.jpg

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。