インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトマンズの旅人たち

カトマンズはツーリストが多い。タメルには世界各国の旅行者がインドや中国の疲れを癒しにやってくる。街にはツーリスト向けの店があふれていて、さながらカオサン通りである。

このような街は確かに便利。お金を出せば美味しい料理も食べれるし、インターネットも自由にできる。日本語の本も本屋で買って返せば半額戻ってくるし、快適さでは物価を考えると日本よりいいと思う。

ただ、ローカル色が薄れて、その国の本当の姿が見えない気もする。チャイひとつとっても、インドではボロいチャイ屋の汚いグラスで一杯10円くらいで飲めるが、ここでは英語名のティーに変わり、オシャレできれいなカップに注がれる日本のカフェのようなところが多い。

こういう街は目的が定まっていないと妙に寂しくなる。

だけど旅人たちと話しているとそんな寂しさも吹き飛ぶ。

今、部屋にいる4人が自分も含めて何もしていない。やることは各々本を読んだり、寝たり、ボーっとしたり、ご飯を食べに行ったり、、、ゆるーい感じでゆったりしている。このなんともいえない雰囲気がすきだ。

夕方になるとみんな部屋に戻って今日はどこでご飯を食べたとか、どこの店が美味しかったとか、円高が進んでるとか、どこの国でどういう人がいたとか、ビザはどこの国だと取りやすいとか話し始める。

それがいつまでも続き、夜になると自然にみんなが寝始める。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。