インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NICEという団体

NICEからメールが来た。一昨日、ボランティアの失敗と、金銭に関して話をしようと思ってメールを送っていたのだ。

メールを送るのは怖かった。現地団体だけの意見を聞いていれば完全にこっちが悪者にされるだろう。でも自分としては、相手のことを悪く言う気はない。時間の無駄だからだ。だから、NICEの担当者から厳しいことを言われるのは覚悟していた。

でも、そんなに厳しいことは言われなかった。ただ、全部話してほしいと言われたので全部話した。

当然人と人の関係において、利害が対立し、外交的、断絶、争いになることもあるかもしれないが、基本的に一つの問題があることで関係がなくなるのは悲しい。
むしろ、それをチャンスにして、新たなよい関係を築いていくべきである。
人と人との関係は国と国の関係とは違うのだ。

だから、話を聞こうとしてくれたNICE、担当者には感謝であるし、最後まで話し合いたい。まだ、完全に決めたわけではないが、譲れるところは譲ろうと思っている。こっちの悪い部分は謝るつもりでいる。迷惑をかけたのは事実なのだ。

そしてすべて終わりにして、元に戻りたい。

NICEは普通に優しい人の1.5倍くらい優しい人の集まり、そしてみんなが純粋だ。こんな団体が日本にあることでちょっと日本に安心できる気がする。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。