インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激しい雨

今日も雨が降っている。昨日からやむ気配がない。

カトマンズではスコールのようにある一定の時間に大量の雨が降りすぐにやむパターンが多かったが、ここではしんしんと際限なく、終わりがないかのように、永遠と振り続けている。

雨が降ると陰鬱な気分になる。

気分を晴らすため外を歩いてみた。宿のある、レイクサイドからダムサイドへ、、、ひたすら歩いた。ここに、日本食レストランがあり、日本語の本が読めると思ったからだ。

宿から借りた傘はボロボロで、歩いていると、雨が入ってくる。道は降り続いた雨のせいで水溜りが大きくなり、ちょっとした洪水のようになっている。ヒマラヤはおろか、近くの山でさえ霧がかかって見えない。外は誰も歩いていない。普段は旅行者用に開いている店も閉まり、閑散としている。この店の姿がどこか痛々しい。

店に着いた。地球の歩き方にはネパーリキッチンとアニールモモという二つ店があると書いてあるがアニールモモに行ってみるとここ10日間くらい休業中、ネパーリキッチンはつぶれたといっていた。

雨の中を歩きたくなかったのでちょっと休ませてもらうことにした。日本の漫画がおいてあったのでそれを読みながら雨がやむのを待つ。が一向に雨はやまない。また、営業していない店が痛々しく、そしてまた、気分を沈ませる。

しょうがないのでレイクサイドに戻ることにした。まずは宿に戻り、濡れた服を着替えたいと思った。
帰りも雨がやむ気配はない。来た道を戻る。

宿に着くと停電になっていた。宿は全体的に暗く、本も読みづらい、インターネットはもちろんできない。やることが一切ないのだ。宿のオーナーもどこか寂しげだ。この雨で旅行客が少なくなるからだろう。

インターネットカフェに行っても、雨のためにサーバーダウン、もはや何もやることはない。ただただ、雨がやむのを待つ。じっとじっと、雨がやんできれいな山がみえるのを願いながらひたすら待つ。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

世界で最も神に近い場所

いつの間にカトマン脱出してたんだwと思いました。
定期的に見るより頻度で見ないと置いてかれそうです。

ポカラのきれいな景色を見ながら一服するのは大変うらやしいです。僕の憧れです。 

また見ます

皇道 | URL | 2009年10月09日(Fri)00:55 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。