インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川の流れは無常を現すといったのは鴨長明

自転車を借りた。オールドバザールに行こうと思ってとりあえずこいだ。体力がないせいか、坂を上るのがきつい。でもそよ風が汗をかいた体には心地いい。

道が途中でわからなくなった。そしてどうでもよくなった。はじめからそんなに強く、行こうという意思は持ってなかった。

とりあえず先に進んで、曲がって、進んで、を繰り返した。観光というよりも底で暮らしている人やそこにある普通の生活が見たくなった。むしろただ自転車に乗りたかっただけかもしれない。

気がついたら自然の中の川の側にいた。川のせせらぎが聞こえる。川の流れは急だ、流れる音もかなり騒々しい。静かな環境だから余計に騒々しく聞こえる。それがまた面白い。

ポカラの川

ポカラの川

ポカラの川

泳ぎたくなったけど、水着を持ってこなかった。全裸でもいいかと思ったが、寒かったからやめた。

川のほとりで考え事をした。そして、川の流れを見ながら方丈記を思い出した。行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたはかつ起こりかつ消え久しくとどまりたるためしなし、、、、こんな文章だった気がする。

そして無常を思った。そしてまた考え事をした。


川にある揺れる橋
ポカラの川

卓球をするネパール人
ネパール人の卓球

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。