インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業としての学問 マックスウェーバー

ひろすけ君が朝宿に来て、亀さんと3人で話してた。明日宿を移ってくるらしい。

特にやることもなかったので本を買ってきて読んだ。マックスウェーバーの職業としての学問という本。
内容が難しくて読んだ瞬間に忘れたけど「学問の目的は学問自体にある」っていう言葉は印象に残った。

今まで、この旅を始めるまでは、何をするにも目的を必要としていた気がする。音楽を聴いていても、歌えるようになりたいとか勉強をしていても誰かに教えたいとか、スキルアップのためにPCの勉強をするとか、、、もちろん目的を持って行動するのは大事だけどそれだけだと疲れるし、なんかものたりなくなる。

それが今回の旅で、そのものを楽しむことを覚えた気がする。その瞬間を楽しむこと、そして過去や未来のことをそんなに深く考えずに今を生きること。これが大切だなって思う。そしてそれは人に対しても言える気がする。人に何かもとめるのではなく、その瞬間やっていることそのものを楽しむ。それがないと人との関係ばっかりに目がいって、せっかく楽しいことをしてるのに全然集中できなかったりする。

こういうことを変えると人生そのものがどんどんと楽しくなる気がした。


もう1個l、「学生は指導者ではなくて教師を求めよ」みたいな文章があった。

これもすごい大事で、大人になって、技術的なことはお金を払ったり、会社で働いたりしていれば誰かが教えてくれることはある。けれど、自分がどう生きるか、どう生きればいいかなんてことは誰も教えてくれない。あくまでも自分で判断して進めていくべきである。

もちろん、人の意見には耳を傾けなければならない。それがないとただの頑固な人になってしまって、もし自分が間違った判断をしたときに修正がきかなくなる。

でも、あくまで人の意見は人の意見である。それをそのまま受け止めて流されてるだけでは自分の考えで行動できずに、失敗したときも自分で納得できなくなる。

人の意見を参考にし、自分で考え、自分で行動して、自分で責任を取る。自分のことなんだからそれが当たり前。それが旅を通じて、出来てきた気がする。そしてそれがどんなに重要かをわかってきた気がする。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。