インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパール最後の日

今日がネパール最後の日。明日、韓国へ出発し、日本へ帰る。

一日カトマンズを散歩した。ダルバール広場まで行って、グルグルと歩き回り、お寺におまいりした。ネパールを最後まで心行くまで感じた。今日が最後だと思うとちょっと寂しい感じがする。

夜は同じ部屋のトモさんと新しく来た朋君とダルバートを食べに行った。最後のネパールでの夕食だ。右手で食べることなんて、これからなかなかないんだろうな。そして宿に帰ってきてこの3ヶ月ずっとそうだったようにゆるい感じでいつまでも喋っていた。

それにしても、よくこの国に3ヵ月半もいたな、、、ヒマラヤくらいしか見るものもないのに(笑)

でも、ネパールはインドと同じくらいか、それ以上に楽しかった。もちろん、ボランティアで悩んだり、苦しかったときもあるけれど、あれがあって今、またひとつ、自分の力になった気がする。

インドと違って人が優しくて柔和だった。それが時々、暖簾に腕押し的な感じで、気が抜けたり、嫌になったこともあったけれど、この優しさに何度も癒された感じがする。

ここで、ゆっくりのんびりすることを覚えた。はじめはとまどったりしていたけど、段々と、この癒しののんびりペースになじんできて、肩の力が抜けてどんどん幸せな気分になっていった。インドとは全然違うこの癒しのおかげで、心から現在のその物事を楽しむことができるようになったと思う。

旅人ともたくさんであった。20人くらいは話したんじゃないだろうか?インド以上に世界一周をしている人が多くて話せば話すほど旅に憧れを持った。いつかまた、旅に出たいって思うようになった。そして自分の好きな、歴史や文化、音楽とかを心行くまで本を読んだりネットしたり、情報を集めれたのも良かった。
時間があった分、色んな人と話した。ゆっくり集中して物事を見れた。そしていつの間にか焦って何かをしなければならないという思いが無くなっていった。楽しかった。人生で最高の経験だった。

癒しの国、のんびりする国、貧困の国、ツーリストの国、盆の国、ヒマラヤの国、ネパール。ありがとう。

※次、最終回です。

最終回に続く

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。