インド 旅行記 ボランティア
 

インド旅行記&海外ボランティア活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド旅行情報ータンジャヴール(タンジョール)

歴史と概要


チェンナイから南へバスで8時間、9世紀から13世紀にかけてのチョーラ朝の首都として栄えた街。イギリス植民地時代にはタンジョールと呼ばれ今もこの名前で呼ばれることも多い。

参考データ


必要最低観光日数:1日
ネット: きつい
人間: まぁまぁ良い
物価: 普通
安宿: 多数、普通
泊った宿:名前不明(シングル120ルピー)
宿の感想:ベッド汚い。夜人がうるさい
観光:ちょこっとがつんと系

街の感想


全体的に街が小さい。
人はのんびりしてていい

観光地


ブリハディーシュワラ寺院しか見るものがない。このお寺は結構見ごたえがある。

ブリハディーシュワラ寺院

1010年チョーラ朝のラージャラージャ1世によって建てられたシヴァ寺院。ドラヴィダ様式の寺院建築の最高峰の一つ。本堂には重さ80トンの冠石がおかれている。また、寺院内部にあるナンディの像はインドで2番目の大きさ。
DSCN0172.jpg

DSCN0178.jpg

パレス

1550年ころマドゥライのナーヤカ王が立てた王宮跡。中にある王立博物館では9世紀から12世紀にかけてのチョーラ朝の石像やブロンズ像がある

DSCN0184.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。